どうも、酒屋のおっさん宮島役の渡辺と申します。

このブログリレー、演者としては最後の執筆になる様です。
トリに相応しくない文才の欠如を、喜んで晒してやろうではありませんか。

いやしかしまあ何ですな、前回までのブログを拝見しますと、文章と言うのは書き手の心の最前を表すものであり、引いて見ればその人が辿ってきた道すらぼんやりと見えてくる気がします。
丁寧さや可愛らしさ、考察や知識、それから遊び心。
各々が自分の中の大事なモノをしっかり抱えて書かれているんだなぁ、と感服しました。
それはきっと演技表現ともしっかり交差する事なんでしょう。
皆さん抱えたモノを武器に前進し時には扱いきれずに翻弄され、それでも反芻を繰り返し吟味し強い想いで舞台を力強く踏みしめているのだと思います。

まあ私なぞはあれですな、無学無教養の永年肉体労働者ですから、確固たる意志と知性を露に戯曲の深みとがっぷり四つに取り組む、なんておいそれとは上手くいかんのですが、それでも手助けを頂いて作品の調和に一役買える様、奮起せねばと考えております。

さて、この程度書けばもう許されるでしょうか?
このブログリレーのバトンが回るまでに私が頭を抱えた期間は三日です。
これから三日の間、小難しい事を書いてハードルを上げた辻井君を責めてやろうと思います。

お目汚し失礼しました。