2016年4月から詰めてきた稽古を一昨日終え、
5/5、こどもの日に今回の上演場所であります新宿眼下画廊スペース0に入りました。


松澤くれはさん率いる〈火遊び〉『菊菊&刀』クルー。

5/6、本日夜の1930回、初日を向かえます。



俳優とお客様との境界を限りなく無くして、
空間と時間の同体験、同体感を目指す。

……私事ですが、20代の頃関わらせていた舞台の影響もあり、血の通った人間から空間から時間から生み出されるドキュメントが『生』の舞台に立たせてもらう醍醐味の一つだと思ってまいりましたので、
松澤くれはさんの船の舵取りには大変刺激を受けております。


稽古から『人間は記憶の生き物』だと感じながら、
舞台に上がっていることが引き金になり半生を振り替えることも多く、
題材についても共感が多く呟きたいのですが、
それは是非とも新宿眼下画廊に『在る』ため、口ジップ。


チケットはおかげさまで追加公演を残し完売しておりますが、
当日券も1枚以上でるとのこと、
是非是非足をお運びくださいましたら幸いです。

生憎の雨、お足元お気をつけていらしてくださいませ。
ご来場お待ちしております。


本日を迎えるにあたりまして。
体調を崩しておりましたが、回復、
支えてくださいました松澤様をはじめ、〈火遊び〉の皆様、ご出演者様、
日々支えて下さっている恩人、ご連絡くださいました皆様、
この日が迎えられましたのも皆様のお陰です。
本当に有り難うございます。


それでは、会場にて……。

ご挨拶まで。


花村雅子 平成28年5月6日

ご無沙汰となってしまいました。
2015年、年末に取り組みました
岸田國士短編四編上演
ご来場下さいましたお客様、
俳優の皆様、スタッフの皆様、そして皆様を支えていらっしゃる皆様、本当にありがとうございました。

御礼大変遅くなってしまいました。
体調不良にあたり、ご迷惑もおかけし、
身体が資本であると心から思い、健康になるととつとめるばかりです。

岸田國士氏の戯曲を上演しました経緯にあたりましては、こちらのブログに細く書いていこうとしております。
…比較文化
…大正から昭和への西洋文化の流れ
…1990年からの変化
…上層とは
…女性の在り方
…ミッション系女子校につき
…埋まらない個々

…上演四編それぞれの戯曲、演出ノート

と、どこからか書きはじめていきます。

この半年につきまして感じたことも書いていこうと。

健康でいることは年々と「思うようにいかない」と身をもって知るのですが、
一番痛感したことは「どれだけの支えがあったのか」。


様々な方角から支え、気にかけて下さいましてありがとうございました。

様々なお言葉、苦言につきましては、省みて抱えつつ、
生きている間、忘れずに居たいという所存です。


5月は復帰につき、力を尽くします。

ご挨拶が大変、大変遅くなってしまったことを深くお詫び申し上げます。

花村雅子

2016年4月

今日はいよいよ初日、
出演者紹介、最後の一人です。

上田さんと共に楽しく焼き肉を頬張る左の女性が

image

■お名前
佐々木史(ささきふみ)
■血液型
A型
■担当する戯曲
「ぶらんこ」

■男の人の卑怯なところ
いつでも中学生になれる
■女の人のこわいところ
うまれたときから、女の子󾬌
■大正と今の比較文化
服装。
洋装が一般のご家庭にも根付いてくるころ。
和装にもモダニズムが取り入れられて、
この頃のアンティーク着物は、
現代でも新鮮に感じられる意匠が多くてとてもすてき。
和洋の入り乱れた街中は
きっとイキイキと美しかったのだろうなぁと思います。

■一言
服装繋がりになりますが…
花村氏は劇中の衣裳にも一段とこだわられてますので、
是非とも合わせてお楽しみ頂きたいです。
着てみたい洋服がいっぱい!

そして、明かりや音や楽団が
どんな風に岸田國士を彩るのか…

劇場まで足をお運びいただければ幸いです。

■今後の活動予定があればお願い致します。
他にも、Twitterやブログなど、紹介致します。

来年のお話になりますが…!
古民家でお芝居をします。

鬼の居ぬ間に番外公演
「厳冬 ―父殺し篇―
    厳冬 ―子殺し篇―」

於 古民家asagoro
2016.1.27(水)~1.31(日)
脚本・演出  望月清一郎

よろしくお願いします。

Twitter:@miffy_fumi

↑このページのトップヘ