6月は梅雨に入りたて、
紫陽花は誇らしく、方や足元には濡れるアスファルト、
「新宿・夏の渦」ご来場下さいました皆様本当に有難うございました。
ご挨拶がいつもいつも遅れており恥じるばかりです。
本当に有難うございました。

ええ、五月晴れ、
終わりの見えてきた事務作業です。
相続ってのは大変です。
事務作業にいらっしゃる司法書士や銀行の方、
仏様に手を揃えてもいいですか、と伺うこともなく作業につく様に、忘却の流れの早さを感じます。

日々とても苦手な書類書きに手を止め、
封はしたのに送れていない「請求書」に面目ないと頭を下げ、
通過してった健康そうにみえる男性数人に「ブラボーッ!」と声援を飛ばし、

時はまたぬまま、
ショーマストゴーーオン、

次回出演させていただきます舞台の稽古に夜を明かす日々がやってまいりました。
出演させていただける。
事務作業が云々じゃなくって、ぼやく状況にしてることが勿体ない。


●次回公演は
ピープルシアター 第62回公演
「新宿・夏の渦」
6月17日(水)より21(日)まで
シアターX
にて出演させていただきます。

17は1900
21は1400のみですが、
18~20は1400、1900で上演致します!

船戸与一氏「新宿・夏の死」の短編
「新宿・夏の渦」……を舞台化した再演です。
(初演には、あの方が出てらした。)
→初演リンク

あらすじ
新宿二丁目ゲイのママノリピーが、ゲイのママミロの部屋で突然死んだ。
新宿警察署でノリピーと向き合った千葉の大地主である父と母は息子の遺体の引き取りを拒否する。乳房があり、ナニのないゲイは私たちの息子じゃない。
ノリピーの遺体はミロの部屋に戻された。
ゲイは息子ではないのか。
人間じゃァないのか。……




母のことを思いだしました。父のこと思いだしました。一個人を尊重するってのは、家族ですら遠いこともある。

色々と偽りながらも生きていっていますが、
スカッとさらけ出したくなります、たいしたことない自分ですが。

今回、実際に新宿で働いてらっしゃる女優さんもご出演されます。
話をきくと、深い海のようです。


原作の船戸さんは今年3月におなくなりになっております。この再演の観劇をとても楽しみにしていらしたと。
船戸さんのこの短編小説の題は全て「夏の」がつきます。
夏の黄昏、夏の流れ、夏の残光、夏の雷鳴、夏の夜雨、夏の曙、夏の星屑。

寄り添ってくれる本でして、肌身離さず持ち歩いてます。



お忙しいとは存じますが、
夏を前にして、ご観劇に足をお運び下さいましたら幸いです。

花村雅子扱いのチケット予約はこちらです。
https://ticket.corich.jp/apply/65044/005/
宜しくお願い致します。

image
image


image
チラシの写真はコレ。

2015年
4月9日から4月14日まで
日暮里d-倉庫
にて

あやめ十八番
長井古種 日月

上演が無事に終了致しました。

桜のあと、寒の戻りにて天候も思わしくなく、交通機関にもトラブルがありましたが、
多くのお客様、足をお運び下さいまして本当に有り難うございました。

ブログ、ツイッター、演劇サイトにてご感想も沢山あり、
流石のあやめさんだと感銘を受けました。

参加させていただきまして、花村、色々と学ぶよい「機会」に恵まれましたこと、本当に感謝しております。


あやめ十八番の作品は、全て主宰の堀越涼さんが作、演出を担っております。

人の営みについて思考をめぐらすお話し。
家族、家族を囲む状況、信仰、畏怖の念、そのなかで生きるって何だろう、幸せって何だろう、と提示なさる「思い」は、幼少期から折り重なった作者の「思い」そのものであると、
演じさせていただきながら身に染みる痛さ……とても切実なものでした。

また、堀越さんは「音」「リズム」の美学に秀でておりまして、
作品全体が生き物の鼓動のようです。

それを関わる役者さんスタッフの方々の透度によって体現していく……
あやめ十八番さんの作品に彷彿としたものがありますが、
私の見解で偏ってしまうのもとても勿体ないので……

祭りの起源、神事、個としましては家族のルーツに改めて触れるよい機会になるのではないかと思っております。


ご来場下さいましたお客様皆様方、

機会下さいました堀越涼主宰、

支えてくださった構成員の大森茉莉子さん(丁寧なアドバイス!)、

魅力的な出演者皆様、スタッフの皆様、

一期一会を有り難うございました。

5月、新緑から万緑へ。
皆様のご健勝お祈り申し上げます。


えうれか 花村雅子 2015年5月
image



えうれかHP
http://eureka.vision/
にお礼をアップ致しました。
遅筆のご無礼申し訳ありません。
ご一読下さいましたら幸いです。

↑このページのトップヘ