メッセージボードにも書いたことをふまえつつ。

以下。
「えうれか」
立ち上げたイチバンの理由。
「舞台上に余計なものは要らないの」
を実現していきたかった。
「要らないもの」とは「雑念」でしょう。「雑念」とは私利私欲ってやつです。
私利私欲があると、ひとは「癖」に逃げ、「癖」という無自覚は、芝居上の雑音となってしまう。
それが「ひらきなおり」になれば、「役」として使えるのかもしれません。

そもそも、私自身メンタルが弱い部分が露見して、なかなか「役」として居られない。
というか、仕上がりにばらつきがある。

「役」として「居る」なんて抽象的ですが、
いい舞台は、役者が舞台上で「役」なのです。
それは、一見してわかるもので。
ただ、スタートラインはそこから。

以前は「外側」からのみを穿とうとしていましたが、大劇場役者さんの鍛練には敵わない。
そこで、「身毒丸」からお世話になっている
Link Project「為国考和」さんのもと、メソッドを見直している昨今です。
今年7月の「奴婢訓」では少なかれ、舞台上の目標が……とっかかりですが見えてきた。


9月公演に携わって下さった役者さんは、私がお声がけをした皆様でして、
彼等と共にトライしたかったのは、自分自身に「集中力」があるか「打たれ強さ」があるか「舞台上での俯瞰視、つまり、何が出来ていて何が出来ていないか」という感覚と、それを克服する「具体的な課題」を常に持っていられるか、
というところでした。

劇団というかたちをとらずに、舞台を提示するとなると、役者の姿勢にばらつきが出るのも当然です。
皆さん自営業なわけですから。
課題がぶれてしまうと積み上げにならないわけです。ぶれない課題を持てるといいな、と。


以下メッセージボード記述。
東京にて花村雅子が2014年9月に旗揚げをした演劇の「ユニット」。ユニットと言うからには、様々な方と一定期間で同方向を向いていきたい。向けるのかすでに壁。教育過程生育環境により、様々な感性が乱立している今、に、ほぼ有志、小劇場役者は何を持って何を提示するんだ。HPにはでかいこと書いてしまったけど。小劇場役者の勝負どころを誰だって探したいんだろう私もそうで、スキルが足りないのなら、もはや集中力しかなく、しかし、それさえ安定して提示できればプロであろう。しかし、やっぱり足りない集中力。姿勢を求めることもしなくなくなったら、反省も後悔もなく。兎に角、姿勢。見よう見まねでも、良いことを取り入れていく人とのユニットでShall we play.

9月はお忙しい折りにいらして下さいましたお客様、本当に、心からお礼申し上げます。

そして、私の拙い運営に力を貸してくださいましたスタッフの皆様、
演出原田直樹さん、
美術から管理、運営の酒井菜月さん、
照明松本永さんしゃこさん、
音響瀬野豪志さん、
アコーディオン寺島淑子さん

旗揚げにも関わらず、一緒にやると日々の稽古に精を出し、運営のお手伝いもしてくださいました出演者の皆様、
西村俊彦君、
市川洋平君、
佐々木史さん、
小林英樹さん

尊敬する皆様あっての公演でした。
本当に有難うございました。

出演者、何故か私に毎度当たられる西村氏、またの名をイリュージョン亭チェリス殿(一人ラピュタの再生回数が16万突破したとのこと、祝)
稽古動画をあげてくださいました。


●本番2週間前の通しです。

えうれか『蝶のやうな私の郷愁』稽古1/2:

えうれか『蝶のやうな私の郷愁』稽古2/2:


私の個人ブログ「花村雅子より」にもあげていこうと思います。
私に灰皿投げたい拙さです。
※動画をあげてくれて有難うございました。


image
image

image
image

image

平成26年11月

松田正隆さん「蝶のやうな私の郷愁」は、
畏れ多く、いまだに穿たれたままの花村雅子です。

なんてことでしょう。
先ずもって、こんなに御礼が遅くなってしまったご無礼、心よりお詫び申し上げます。

ご来場下さいました皆様、お忙しいなかお時間割いていらしてくださいまして、本当に有難うございました。

足りないことばかり、精進してゆきます。
即レスポンスができるよう、持ち込まず未熟な言葉にかっこつけず、返してゆきます。

今後とも、ご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。

花村雅子

↑このページのトップヘ