●2017年 10月 20日から
新潟りゅーとぴあ スタジオB

●11月2日から 横浜

●●●坂口安吾「戦争と一人の女」●●●
●●●脚色 演出 上田晃之●●●

出演させていただくことになりました。



……経緯、お稽古での所感
父母他界あと複数の病を患ってしまい、その後ぐっと回復したものの、まずは私の実家を眠らせて、身辺の地盤をつくりなおすことから、…自分と家族主動のスケジュールにて、
客演させていただくことはもう厳しいんじゃないか、と考え続けてきました。


この秋も準備を延期した舞台があり、演じることへの恐れは大分膨れ上がっていました。根本的な演じることへの悩みもありました。


そこへ、
えうれか第二回公演にご出演下さいました上田晃之さんから坂口安吾の「戦争と一人の女」のお話しをいただいたのですが……。
まだお受けするにはこちらの身の上が色々不確かじゃないか、という私と家人の意見。


半面、この機会はラストチャンスなのではないか、という思い。
……そして、坂口安吾は、ほぼ私の半生を牛耳っている作家であること。

家族でシュミレーションを重ねに重ね、
結果、やらせていただこう、とお伝えしました。
そして出演させていただくこととなりました。



やはり稽古を重ねるだけでも迷惑かかってしまっております。


良いのか悪いのか、
病であったことで大分視点や視野がかわったんだな、と。
隅々で今も刻々と痛感していることは、一人では生きていけない、ということです。


戦火のさなか
女郎であった女と
その女と同棲する男。
この女の吐く言葉、この女自体、私からみたらとても強い。玩具があるという状況、自己から解離するという状況は身に覚えはあるものの、嫉妬せずにはいられません。
これまた、良い悪いではとらえられませんが、
憎しみ、という自身の感情がとてつもない音でやってきます。


……上田さんは、この作品で風通りをイメージしているようです。
確かに海や山の風は印象的です。
私の故郷も海沿いのまちで、母の故郷も海横で。
母のいた島の風は荒かった。
命という限りあるものに
びゅーびゅー吹き抜ける風、
ピタっと凪ぐとき。
原風景が想起されながら
戦争を生きた男女、この男女からみた日本、この男女が感じた生きるということ、は、

今の時勢に生きる感覚に何をもたらすのだろう、と思います。


うまく伝えられないのは歯痒いのですが、
どうぞお足をお運び下さいましたら幸いです。



……個人記
3月、えうれか第三回公演 清水邦夫作「楽屋」流れ去るものはやがて懐かしきにあたり、
太平洋戦争の体験記を読んでおりました。読んでいて
父の体験記を「きくべきだった」と。
父の体験記をききそびれたのは、私がまだ先に機会はある、と父に甘んじてしまったからです。
戦時中の話しをしたがらなかった期間が長い時間あったこともありました。
 神戸の震災で、揺れて外に出て街をみた父は「戦争がまたやってきた」と言ったことがとても印象に残っています。


写真は稽古風景。

トラッシュマスターズ vol.27
「不埒」
作 演出 中津留章仁

下北沢駅前劇場

7/15-23


今回も衣装担当させていただきました。
明日千秋楽。
13:00開演です。
※ブログ下部にトラッシュマスターズホームページリンクあります。


どうしても観て欲しい。

という思いが毎作品つのるため、演劇が遠い友もしつこくトラッシュマスターズに、忙しいところをいかがですかと誘ってみるです。
生活を送るなかで誰しも大変なことがあるからこそ、誘ってみるのです。
「気づき」を促す作品を観ることが日々の一部となったら、心のよりどころができるかもしれない。違った視点の生きる糸口が見つかるかもしれない。
互いを考え合う場面も違った観点から考えられるかもしれない。


自分がどんな地面に立っているのか。
その地面はどうやってできているのか。
その地面の成り立ちが少しでも見えたとしたら、そこでどうやって立っていくのか。
何度でも再考する、そういうきっかけになる!と確信するので、是非いかがですか、と誘ってみるのです。


中津留さんは「依存」という言葉を使って、「自己責任」の言葉のあや…隠れている無関心、と「本当の自立」を穿っていきます。


「社会」の形骸と「家族」「個」の在り方をこれでもか、と考えました。
人は一人では生きていけないとちょうど痛感しているところに、
家族の在り方をみて、正直、羨ましくもあった。


個人的な思いが沢山でてきます、観ていると。
失ってからじゃないと気付けないとよく言われてきたけれど、ホントにそうで、健康、友、家、家族、
失う前に、先ずは気づくことができたなら。ふと過ぎさった気づきを、無視せずキャッチできていたなら自分は横着にはならなかったでしょう。

私のごった煮の思いを綴るのは、それだけ、影響を受けるからです。

人間の在り方を切実に穿った描写、
それを体現する俳優陣に揺さぶられた観劇体験でした。


しかし、物語主軸となる桐山家(カゴシマジローさん夫、川崎初夏さん妻)
抱えてる問題はあまりにも多い。


7/23千秋楽、
13:00!

まだ未観のお客様、
詳しくはトラッシュマスターズホームページにて。




衣装は、僭越ながら…過去、そんなこんなで色がだめだったなぁと経験を反映させていただきました。
元気が無いときは色が遠くなりますが、無理せず色を取り入れたくなったら元気になってきた……
というか、活力と共に色が欲しくなるなと思います。

清水邦夫作
「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき」
えうれか第三回公演
渋谷 space EDGE

3月20日、千秋楽を迎えることができました。

足をお運びいただき、この上演に出会ってくださいましたお客様、
応援のお言葉を下さいました皆様、
上演のご機会を下さいました木冬社様、

 心より御礼申し上げます。



ご出演下さいました

のねもとのりか様
土井真波様
円谷奈々子様
舘田悠悠様

BESPOKE JAM様
劇団昴様

演奏 山田直敬様

演出アドバイザー シブサワホタル(CASSETTE)様

照明 松本永様
照明操作 西坂菜々子様

音響 瀬野豪士(蘇音)様

舞台監督 HiRoE様

撮影 ノザワトシアキ様

宣伝美術 森慶太(gekipon)様

動画撮影 伊藤克則様

当日制作 間宮知子(風ノ輪〜かぜのわ)様
制作チーム  中川智美様、菅野敬子様、高嶌暁乃様、小林茜様、平知子様、田村佑香里様

チラシメイク 横内舞様

上田晃之様、
横森文(トツゲキ倶楽部)様、

高津装飾美術様、
東京衣装様、
EASE様、

スタジオVAD様、


金王神社様、


上演の場所をご提供くださいましたspace EDGE野村様、 


皆様のご協力、ご尽力に
深く御礼申し上げます。



平成29年3月23日

えうれか 花村雅子

eureka_gakuya_omote

DSC_3964

DSC_4421
DSC_4173
 
DSC_4066

撮影ノザワトシアキ 

↑このページのトップヘ